便秘の仕組みと種類を知って正しい対処法を

日ごろから便秘に苦しみ、便秘解消のためにさまざまな手段を取り入れているという方もいらっしゃるようです。
正しい対処をするためにも、便秘の要因やその種類を把握することが、よりスムーズな状態へと導いてくれることでしょう。
そこで、症状についてや便秘の種類について考えていきたいと思います。

便秘症状とは

通常の排便サイクルとは、毎日便通があるというのが健康な状態であるといわれています。
にもかかわらず、3日以上にわたって排便がないまたは、便が固く量が少ない・残便感があるなどという場合を「便秘」と呼んでいるのです。
男女比については、女性のほうが多いといわれていますがもちろん男性にも引き起こされる症状です。
排便困難や腹痛や腹部膨張感・食欲不振などの症状を感じる方もいらっしゃるでしょう。
また、肌荒れや肩こりなどといった二次症状として自覚する方もいらっしゃるのです。

便秘の種類について

まずは「機能性便秘」について触れておきましょう。
これは、簡単に言うと大腸の運動機能が低下している状態を指します。
腸管が緩んでしまい、便を排出する際に大切なぜん動運動が充分に行われなくなってしまいます。
このため、大腸内に便が溜まってしまい、水分が過剰に吸収されかたくなってしまい悪循環となってしまうのです。
便秘の種類の中でも頻度が高いものといえるでしょう。

次に「けいれん性便秘」です。
大腸の過緊張になる引き起こされます。
副交感神経の過度の興奮によって腸管が緊張してしまい排出されにくい状態になってしまいます。
また、排便が行われても固くコロコロとした便になってしまうタイプのことをいいます。
精神的なストレスが大きな要因となることが大半です。

そして「直腸性便秘」というものもあります。
これは、直腸に便が停滞している状態です。
便が直腸に達しても排便が起こらずに結果として体内に留まってしまうものを言います。
排便を我慢する習慣によってなる可能性も高くなるのです。

最後に「器質性便秘」です。
これは何らかの気質的な原因がありその通過障害として起こるタイプです。
身体症状が激しいのが特徴といえるでしょう。

自分のタイプにあわせた対処法を

便秘サプリを取り入れるにしても、それぞれの便秘のタイプを把握しておくことによってより適切な対処ができることと思います。
これら種類に対しての認識を持ち、自分自身がどのタイプであるか判断した上で改善に努めると良いでしょう。

新着情報

◆2016/05/12
便秘が悪いといわれる理由を新規投稿しました。
◆2016/05/12
食事量が少ないと便秘になる?を新規投稿しました。
◆2016/05/12
処方薬が要因で便秘になることもを新規投稿しました。
◆2016/05/12
医療機関を受診すべき便秘症状とはを新規投稿しました。
◆2016/05/12
セルフケアでもできる便秘症状についてを新規投稿しました。